« ミュージックバトン | トップページ | 「じゃりン子チエ」が教えてくれたこと »

2005年7月 1日 (金)

六人の会

 どうやら落語ブームらしい。かと言って落語番組が増えたというわけでもない。むかしは「落語のピン」とか「らくごのご」とかそういうのもあったけど、今はどうだろう。
 あ、ちなみにこれから書くことは本当は調べれば正確にわかりそうなことですけどあえてそうしません。だから間違いも知ったかぶりもあるでしょう。
 現在の落語をやる番組といえば、NHKの真打競演(ラジオ)、玉置宏のなんとか寄席(ラジオ)、日本の話芸(テレビ)、ラジオ深夜便のコーナー、TBSのラジオ寄席(美酒爛漫提供のヤツ)くらいかな?まぁ笑点なんかもあるけど、あれはまぁいい。

 ところで、中部ローカルの「スジナシ」という番組がある。ホストは笑福亭鶴瓶。毎回ゲストを招き、台本・打合・NGなしでぶっつけ本番のドラマを演じ、その感想を言い合うというもの。すでにいくつかDVDになっているが、この番組初の全国放送の回がDVDになるということで、そのレビュー記事を書いた。
 そこでは詳細に触れられなかったが、考えてみると鶴瓶は本当にすごいと思う。
 今思いつくところだとNHKの旅番組(これは前はさだまさしと一緒にやってたが今は鶴瓶だけ)、テレ東の「キラキラアフロ」(これは関西収録?)、日テレ「鶴の間」、フジではいまだに「いいとも」に出続けているし(最古参?)、名古屋の「スジナシ」、大阪の日曜「ヤンタン」(ラジオ)、で「六人の会」にも。彼のスタイルは言わば「機縁至上主義」。作られた枠組みに縛られず「一期一会」で笑いを作っていく。例の「タイガー&ドラゴン」にも出てたんでしょ?

 六人の会が銀座で落語イベントを繰り広げたときどうしても育児の関係で行かれなかった。
 六人の会のメンバーは小朝、鶴瓶、正蔵(こぶ平)、志の輔、花禄、昇太。その順で師匠を並べると、柳朝、松鶴、三平、談志、小さん、柳昇となる。なんでこんなことするかっていうと、あぁ何となく六人の会ってのはいろいろ作れそうだよな、と思っただけのこと。昨夜眠れずにこんなことばっかり考えてた。
 六人の会は東京5人、上方1人ですね。それから落語協会3人、芸術協会1人、上方落語協会1人、立川流1人ですね。円楽党はいません。
 一番おなじみのところでは笑点の回答者が六人です。小遊三、好楽、木久蔵、歌丸、楽太郎、こん平(今はたい平か?)こちらは落語協会2人、芸術協会2人、円楽党2人ですね。
 ところでさきほどの師匠連を勝手に分類すると
 (1)松鶴
 (2)小さん
 (3)柳朝、三平、談志
 (4)柳昇
 となるような気がします。上方1人東京5人、何となく聞いてみたいなぁと思う六人ずつのまとまりを考えてみました。

 (1)松鶴、文楽(先代)、円生、志ん生、金馬(先代)、円歌(先代)
 (2)小さん、三木助、柳橋(先代)、正蔵(先代)、可楽、米朝
 (3)柳朝、三平、談志、円蔵、志ん朝、上方は三枝?枝雀?
 (4)はどうだろう。柳昇、米丸、円歌、、、思い浮かばなかった。

 まぁほとんど意味ないけどこうやって括ってみるとそれなりに引っ張っている人が6人てのは昔からあるのかなとも思いました。
 もちろん他にも好きな人いっぱいいるし、抜けてる人もいると思うけど。
 まぁとにかく鶴瓶はすげぇってこった。

|

« ミュージックバトン | トップページ | 「じゃりン子チエ」が教えてくれたこと »

コメント

お返事ありがとうございました。 こうやって見ると結構6人枠って多いですね。 徒党を組むにも、割れて物別れになるにもお互いに味方が出来るから、ちょうどいい人数なのかもしれません。 それが分かれないで一致団結し、それぞれが存分に力を発してきたときに、ものすごいパワーを生むのかもしれません。 私から言うとそのことを知ってか知らずか、頭を張っている【小朝】のほうがヤッパリ一枚上手な気がします。 

投稿: solta | 2005年7月11日 (月) 11:23

>MWAVEさん
 コメントありがとうございます。

>きらきらアフロはテレビ大阪が製作で、収録も大阪でしています。
 やっぱりそうですか。

>鶴瓶さんは今年のフジテレビ25時間テレビの司会もなさいますね。
 そうですか。本当によくやりますね。尊敬してしまいます。

投稿: @mera | 2005年7月 1日 (金) 23:37

きらきらアフロはテレビ大阪が製作で、収録も大阪でしています。
鶴瓶さんは今年のフジテレビ25時間テレビの司会もなさいますね。

投稿: MWAVE | 2005年7月 1日 (金) 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六人の会:

« ミュージックバトン | トップページ | 「じゃりン子チエ」が教えてくれたこと »